旅ごころブログ🐒

心理カウンセラーをしている筆者が心理学の知識を紹介するブログです。趣味の旅行で行ったおすすめスポットや飲食店の紹介もしていきます。

アルコール依存症でも節酒はできるの?命を守るための節酒 お酒を減らしたい方は医療機関へ!

スポンサーリンク

飲み会が多くなる季節

ついついお酒の量が増えてしまいますよね。

 

依存症を取り扱う病院では、アルコール依存症とまではいかないけれど、このまま飲み続けると心身に不調をきたしてしまう恐れのある方を対象に、「節酒」の取り組みを行っている場所もあります。

アルコール依存症の方でも、「断酒はできないけど減らすことなら」と節酒という選択をする方もおられます。

今日は節酒について書いていきます。

 

 

 

アルコール依存症でも節酒はできるのか

アルコール依存症になると、一杯でも飲むことでお酒への欲求が他のすべてのものよりも強くなってしまいます。

そのため治療法は「断酒」が基本です。

しかし、昔からの治療は「断酒」以外道はなく、どうしても断酒を決断できない方は、治療から外れてしまう、という現状がありました。

節酒はもともと、アルコール依存症ではないけれど、健康にリスクを抱えている方が、お酒の飲み方を見直したり、量を減らしたりすることで心身の健康を保つ、というものです。

アルコール依存症になってしまうとこれには当てはまりません。

それが最近では断酒がどうしても難しいアルコール依存症の方たちが、節酒を選択し取り組む、という事例は多くなりました。

個人的には断酒よりも節酒の方が難しいと思うのですが、向き不向きは当然あります。

アルコール依存症の場合は、節酒だと健康障害を防ぎきれない、どうしてもリスクのある選択になってしまいますが、少しでも減らして少しでも心身を休ませよう、ということを目的として行われます。

 

 

お酒を減らす、節酒する対処法

節酒するためには対処法を見つけていく必要があります。

「ただ意識するだけ」では最初に立てた目標は、いつの間にか忘れてしまうものです。

以下が推奨されている対処法一覧です。

 

・一緒に深酒する人と頻繁には会わないようにする

 

・お酒以外にも楽しみを持ち、シラフで楽しめる時間を作る

 

・お酒の席や晩酌の時には、まずは食事をとりお腹を膨らませる

 

・小さいコップで飲酒をする

 

・周囲に飲みすぎた時に声掛けをしてもらう

 

・一緒に節酒をする仲間を作る

 

・定期的に医療機関で健康診断を受け、肝臓の状態を確認する

 

 

このなかから自分に合いそうな対処法を選び実践していきます。

もちろん、自分自身で考えた対処法を実践しても大丈夫です。

 

節酒をする場合、毎日の飲酒量を記録する節酒日記なども効果的で、定期的に支援者や医師と節酒日記や健康診断の記録を見ながら、上手く節酒ができてるかどうかを確認すると有効な使い方ができます。

 

 

家族や友人がお酒の量が多く心配な場合 病院に誘う声掛けは?

本人に断酒や節酒の意思がない場合、内科や精神科などの医療機関に受診してもらうのは難しいですよね。

 

アルコール依存症は、身体がボロボロになり、救急車で運ばれる形で入院になることも多いですが、家族が説得して受診をすることもあります。

 

本人が少しでも健康に不安を感じている場合はまだマシですが、まったく感じていない場合は手を焼きます。

 

ただ、アルコール依存症の場合は身体的にも異常が出やすい病気なので、まずは内科に、まずは健康診断に、と誘うのも一つの手です。

 

ご夫婦などであれば「一緒に健康診断を受けて欲しい。いつまでも健康でいて欲しい」と伝えるだけでも、しぶしぶ一緒に受診をしてくれることも多いです。

 

「最近身体の調子が悪いから人間ドックに行こうと思う。不安だから一緒に行って欲しい。ついでに一緒に受けよう」

「職場の健康診断で異常が出ているから相談だけでも行ってみない?」

など、最初はやんわりと誘って、その気になった時に素早く受診の予約を取れれば、意外にもスムーズに受診できたりします。

 

 

節酒希望であっても必ず病院へ相談を!

お酒が大好きな人にとって、お酒をやめろと言われることはとても辛いことです。

節酒を希望しても、医師には断酒を勧められるかもしれない、という不安もあるでしょう。

 

節酒は完全に安全な方法ではなく、私たちもお勧めできない、というのは正直なところです。

 

しかし、だからと言って何もせずに今の飲酒量を続けていては、アルコール依存症は悪化し、それと伴って肝機能、認知機能、体力、など身体的な機能が大きく低下してしまいます。

 

勇気を出して医療機関に相談をして下さい。

定期的な血液検査をするだけでも大きな一歩です。

 

そして節酒は簡単そうに見えますが、実はとても難しい方法。

節酒を希望する場合も、断酒を希望する場合と同様、病院に行き専門医や専門の相談員と一緒に進めていきましょう。

 

 

節酒の方法

節酒の場合は、まずどの程度の量のお酒を飲むのか、を決めます。

 

毎日飲んで全体的な量を減らすのか、休肝日を作るようにするのか、なども、自分の生活に合った目標を設定します。

 

そして目標通りにやれているかを定期的に見ていくのです。

この時に飲酒量を記載する節酒日記が役に立つのです。

決められた飲酒量と、実際に飲んだ量を記載し、簡単にどんな一日だったかもメモしておきましょう。

 

この節酒日記を見ながら、目標が達成できないことが続けば目標を少し下げたり、工夫点を話し合ったりします。

 

もちろん同時に身体の状態をチェックしていきましょうね。

 

 

おわりに

健康には飲みすぎは良くない、とは言え、休肝日を設けている人でしばるとかなり少ないのではないでしょうか。

 

ぜひこの機会にご自身の健康状態やお酒の量を見直してみて下さいね。