旅ごころブログ🐒

心理カウンセラーをしている筆者が心理学の知識を紹介するブログです。趣味の旅行で行ったおすすめスポットや飲食店の紹介もしていきます。

毎日疲れている人必見!疲れを溜めない、疲れを解消する方法

スポンサーリンク

お盆も終わりましたが、まだまだ暑い日が続いています。

この時期は疲れがたまっている時期だと思います。

今日は疲れを解消する方法を書いていきたいと思います。

 

 

 

ストレスと疲れは溜まると解消できない

いきなりひどい題名ですが・・・(笑)

ストレスマネジメントの抗議でもよく話をするのですが、大きすぎるストレスは対処法では対処できません。

疲労も一緒で、過労で入院、なんて状態になると回復に時間がかかるのです。

 

=ストレスも疲れも小さなうちから解消していくのが正解!!

 

どんなものでも同じだと思いますが、小さいうちに対処すれば大きな病気や事故にならずに解決できます。

大きくなると専門家の力を借りる必要が出てくるのですね。

 

 

疲れに早く気づくためのセルフモニタリング

小さな疲れの段階で対処するためには、自分の状態を把握しておくことが大切です。

・今日はいつもより朝起きるのがしんどかったな

・最近は食欲がない

・便秘ぎみだ

・週末は遊びに行かずにずっと寝ていたい気分だ

・甘いものがやたらと食べたい

・最近眠りが浅い

などです。

 

自分で自分の調子をチェックして把握することを「セルフモニタリング」と呼びます。

 

例えば睡眠の問題を例に考えてみましょう。

不眠症」になると治療は長くかかる場合があります。

睡眠薬を服用することも時には必要ですし、慢性化・重症化するとまったく眠れない、などの問題に発展することもあります。

こうなると自分で対処はなかなかできませんよね。

 

これを

・最近眠りが浅い

・眠るまでに時間がかかる

・日中眠たくなる

などの睡眠のちょっとした不調に早く気づいて対処することが大切なんです。

 

重症化する前に気づいて対処!が基本です。

 

疲れも同様で

・最近身体がだるい

・眠気が出る

・やる気が起きない

などの自分の状態をきちんと把握すること、そして対処することが大切です。

 

 

疲れは小さいうちに対処 対処方法

さて、では「少し疲れているな」と感じた時にどのような対処方法があるでしょうか。

以下に見ていきましょう。

 

・睡眠の質を上げる

睡眠時間をきちんと確保するのはもちろん、睡眠の質を上げるために工夫をしてみましょう。

睡眠の質には環境調整が大切です。室内が適温かを確認し、枕などが自分に合っているのかも見直してみると良いと思います。

夕方以降はカフェインが多く含まれているのは避ける、明かりを落とす、21:00以降はテレビの音量を下げるかできれば消す、スマホを見ない、昼寝の時間を適切な時間にする、などの基本的な事柄をまずは守ります。

ここに挙げた事柄を守れば、ある程度の寝にくさは解消され、睡眠の質も向上します。

 

・家事に疲れ果ててしまわないようにする

仕事中は気をはっていても、家に帰ると疲れがどっと出る、という経験はあると思います。

まずは疲れているのに家事がある・・・という疲れが何倍にもなるような状況を作らないようにしましょう。

疲れた時用に疲労回復アイテムを置いておくと良いですね。

エナジードリンクじゃないですよ!(笑)

冷凍食品などのチンして食べられるものです。

私は月に2回はこれに頼ります。余った時間を自分の疲労回復に使うのです。

掃除は汚くても気にせず休めば良いと思いますが、綺麗な部屋の方がリラックスできる、ということであれば、短時間でさっさと掃除をして下さい。

疲れている時はいつ終わるか分からない作業は負担になります。

時間を決めてスピード重視が一番効率が良いのです。

 もちろん家族に頼ったりさぼったりすることを一番推奨します。

 

・難しい問題は考えない

基本的に疲れている時は悩みを解決するために行動をすることはしないほうが良いと言われています。

疲れていると情緒が安定しませんから、冷静に悩みを解決するエネルギーはありませんし、極端な結論を出してしまいがちだからです。

悩みを解決したり問題について考えるのは、疲れが取れてエネルギーがわいてきてからにしましょう。

 

・心を満たす

心が疲れていると身体も疲れます(逆もしかり)

心を満たすことでリフレッシュできる場合もあります。

・自然が感じられる場所に行く

・人と触れ合う

・映画を見る

・少しリッチなお茶を飲む

・温泉につかる

などなど・・・

心の疲れを癒してくれることをしてみて下さい。

特に「人と触れ合う」はおすすめです。

ぜひ好きな人と手をつないでみて下さいね。

 

疲れを感じたらこれらを試してみて下さい。

小さな疲れであれば回復できると思います。

 

 

長期休みがある時期はどうしても疲れがたまります。

セルフモニタリングをして、お疲れモードであれば一度自分の疲れをいやすことを考えてみて下さいね。