旅ごころブログ🐒

心理カウンセラーをしている筆者が心理学の知識を紹介するブログです。趣味の旅行で行ったおすすめスポットや飲食店の紹介もしていきます。

熟年離婚を避けるための7つの方法 心理カウンセラーが教えるコミュニケーション術

スポンサーリンク

ビートたけしさんの熟年離婚が話題になっていますね。

最近は熟年離婚も珍しくはなく、夫が退職後に離婚・・・なんてこともあるようです。

 

夫からにせよ妻からにせよ、離婚するにはそれ相応の理由があるのでしょうし、離婚という選択肢が当人同士の幸せにつながる場合もあるとは思います。

 

しかし、回避できるものならしたい、という思いがあるのであれば、今日から夫婦間のコミュニケーションを改善してみるのも一つの方法。

 

心理カウンセラーをしていても、熟年夫婦のコミュニケーションの相談はとても多いです。

意外と男性側からの相談が多いのが印象的です。

 

今日は男性向け!今日からできる奥さんとのコミュニケーションを深める方法を紹介します。

歳を取っても奥さんと仲良く暮らしたいと思っている方、今も仲は良いけどもっと仲を深めたい方、奥さんとはすでに仮面夫婦の方・・・

どんな方でも試していける内容です!

 

 

感謝を言葉にしてみよう

基本ですね。

意外とできていない人は多いです。

「ありがとう」という場面は日常でたくさんあります。

「いつもありがとう」と改まって言う必要はありません。

 

醤油を取ってくれる、運転してくれる、電気を消してくれる・・・日常の中で小さなお礼を言うタイミング・・・ありませんか??

たくさんあると思います。

そんな小さなタイミングで言うのがコツです。

 

10年に1度、花束を渡して夜景の綺麗なレストランで「いつもありがとう」と言うよりも、毎日10回小さなことにお礼を言う方が相手はうれしいものです。

 

もちろん「ありがとう」以外でも良いですよ。

食事を「お、これうまいね!」と褒めるのでも良いですし、「部屋がきれいだと落ち着くなー」とさりげなく言うのでも奥さんは喜んでくれますよ。

 

 

自分の好きなことに付き合ってもらおう

これ意外だったんじゃないですか??

奥さんの好きなことに付き合うのもとても大切ですが、まずはあなたが楽しめることでないと習慣になりません。

 

人ととの関係は一日では変わりません。

毎日の積み重ね、と考えると長年続けられることをするのが良いのです。

 

とは言え、ゴルフが好きだからゴルフ経験のない奥さんにいきなりゴルフを一緒にしてもらう・・・なんてのはだめですよ。

 

例えばあなたが珈琲が好きなら、カフェや喫茶店に付き合ってもらうのはどうでしょうか。

奥さんが甘いものが好きならお互い楽しめるかもしれません。

 

映画が好きなら映画に誘ってみたり、気になる飲食店があるならそこに誘ってみても良いかもしれません。

 

最近太ってきて運動をしたいが、一人だと続きそうにないし、ウォーキングに付き合ってくれないか?などとダイエットに付き合ってもらうのも一つの手です。

 

このように、まずは自分も楽しめて、奥さんも嫌じゃなさそうなことを探して一緒の時間を過ごしましょう。

 

もちろん付き合ってくれた後は「ありがとう、楽しかった」と感謝を伝えてみて下さいね。

恥ずかしい場合は、帰りにコンビニで奥さんの好きな飲み物を買い、「今日のお礼」と手渡す、などでもOKですよ。

 

奥さんの好きなことに興味を持とう

奥さんの好きなもの、好きなこと、好きな食べ物、知っていますか??

本当に知っていますか??

その情報10年前のものではないですか??

 

今現在の奥さんは何に興味を持ち、何に感動し、何に笑い、何をおいしいと感じるのでしょうか。

まずはそれを教えてもらい興味を持ちましょう。

それは奥さんに興味を持つ、ということです。

 

「最近何か美味しいもの食べた?」

「おもしろいドラマとかあるの?」

「今日はお昼何してたの?」

 

こんな質問、もう何年もしていないんじゃないでしょうか?

 

自分について質問をしてくれる、自分に興味を持ってくれることは、とても嬉しいことです。

 

「今日はどんな一日だった?」

 

仕事で一緒にいない時間、大事な家族が何をしていたのか、気にならないわけはないんです。

今日は楽しく過ごせたのかな、悲しいことはなかったかな、体調は悪くないかな・・・

忙しいとついつい関心が薄くなりますが、今日元気な奥さんが明日も元気な保証はありませんし、1年後も一緒にいてくれるとは限りません。

 

帰ってから15分の時間を大切な奥さんのために使ってみて下さい。

 

写真を撮ろう

スマホで2ショットを撮ってみましょう。

もちろん自分たちで撮る自撮りですよ。

 

恥ずかしいですよね?

それが良いんです。

 

長年夫婦でいるとドキドキする場面はどんどん減っていきます。

数年ぶりに顔を近づけて写真を撮ると、すっごく恥ずかしくてドキドキすると思いますよ。

夫婦でも男女の関係、ドキドキすることは大切です。

 

いきなり2人が恥ずかしい場合は、まずはいたずらっぽく奥さんを撮ってみては?

たぶん嫌がられるので(笑)

「じゃあ2人で・・・」と自然に写真を撮ってみて下さい。

まんざらでもない反応をしてくれる・・・かもしれません。

 

外見を褒めよう

女性は何歳になっても外見についての評価に敏感です。

冗談っぽくで良いんです。

「可愛い」「綺麗」などの直接的な言葉でなくても構いません。

 

「色白いよな」

「黒髪が似合うね」

「明るい色が似合うね」

「姿勢が良いから見ていて綺麗だね」

 

などなど・・・

何でも良いですよ。

嘘をついておだてるのではなく、あなたが奥さんの外見で好きなところはどこですか??

綺麗な歯ですか?髪質ですか?目ですか?肌ですか?

素直に好きなところを伝えてあげて下さい。

喜んでくれると思いますよ。

 

おいしいものを一緒に食べよう

月に一度、おいしいものを一緒に食べてみましょう。

奥さんの作ったおいしいご飯もうれしいですが、奥さんは外食だと楽だし嬉しいですよ。

お互いが好きなものを交互に食べても良いですね。

今月は奥さんの好物、来月はあなたの好物・・・

 

高いものでなくても大丈夫。

おいしいものを食べる時間は関係を深めます。

 

自分のことを自分でする

食べたものを下げる、靴下を裏返して洗濯機に入れない、脱いだ服を片付ける、すごく簡単ですが、それをしてくれるだけで、なんだかとても良い男に見えるものです。

 

奥さんをお母さん扱いしない、ということですね。

奥さんはあなたの奥さん、ということをもう一度認識しましょう。

 

おわりに

いかがでしたか??

すでにやってる!という項目もあったと思います。

これはやってないな・・・これならできそうだな・・・と思うものを、あなたのやりやすいようにアレンジしても良いんです。

 

人生を約束した伴侶のためです。

そして自分が人生を楽しむためです。

 

奥さんとのコミュニケーションをぜひ楽しんで下さいね。