旅ごころブログ🐒

心理カウンセラーをしている筆者が心理学の知識を紹介するブログです。趣味の旅行で行ったおすすめスポットや飲食店の紹介もしていきます。

アルコール依存症ってどんな病気?治療方法は?

スポンサーリンク

「依存症」という言葉が少しずつ世間に浸透してきました。

飲酒運転の問題や芸能人の事件もあり、お酒を辞められずに生活に支障をきたす場合、「アルコール依存症」の可能性があることが認知されてきていますね。

 

今日はアルコール依存症について書いていきます。

 

アルコール依存症ってどんな病気?」

まず「アルコール依存症」とはどんな病気なのでしょうか?

ただの「お酒好き」とどう違うのでしょうか?

 

アルコール依存症とは、お酒の飲み方を自分でコントロールできなくなる病気です。

お酒の飲み方とは、飲む量であったり、飲むタイミングであったりです。

 

例え本人が「このままだと良くない」「少し減らそう」と思っていても、脳に異常が起きている状態なので、自分の意思では飲酒量などをコントロールできません。

 

アルコール依存症だけではなく、依存症全般に言えると思いますが、依存症は自己コントロールを失う精神疾患です。

そのためもちろん治療機関は精神科が主になります。

 

アルコール依存症者の方が治療に繋がるきっかけの多くは、肝機能の数値が異常値になるなど、身体的なケアが必要になった時です。

そのため最初は内科などの科に繋がることが多いです。

内科に入院し治療を受けると、末期ではない限り肝機能の数値は改善することが多いです。

しかし、アルコール依存症自体は完治したわけではなく、退院後に再び飲酒のコントロールができない方がほとんどです。

 

だからこそ、精神科での治療が必要不可欠なのです。

 

ここでアルコール依存症の理解でとても大切なことを書きます。

 

アルコール依存症はアルコールの影響で脳に異常が起きている精神疾患です。

アルコールを辞めないといけない、周囲もそのことを望み協力している、そういう状態でも断酒することは非常に困難です。

辞めていても再び飲酒をしてしまうことは多々あります。

だけどそれは決してその方が「意思が弱い」ことが原因ではありません。

なぜならアルコール依存症は脳の病気だからです。

依存症になれば性格や意思の強さでは決して辞められません。

 

確かにご本人の意思は大切ですし、その方の考え方も治療に影響はしますが、それは適切な治療と環境があってはじめて影響するものなのです。

 

アルコール依存症の治療」

では、アルコール依存症の治療とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

アルコール依存症の治療には大切な「三本柱」というものがあります。

 

・通院

・抗酒剤

自助グループ

です。

 

通院は精神科への通院のことを指します。

もちろん必要に応じて内科の通院をする場合もあります。

その通院先で抗酒剤を処方されるのです。

 

では、抗酒剤とはどのようなものでしょうか。

 

抗酒剤とは、アルコール依存症などの方へ断酒を目的に処方される薬です。

アルコール分解酵素の働きを阻害する作用があり、服用すると少量の飲酒でも、動機、吐き気、頭痛などの不快感を覚えます。

「不快感」と控えめに書いていますが、抗酒剤を飲んで飲酒をするのは非常に危険なことです。

産まれつきアルコールが飲めない方おられますよね?

抗酒剤は薬の力で一時的にアルコールを飲めない身体にするものです。

例え少量でも、アルコールと一緒に飲むことで急性アルコール中毒を起こし、最悪の場合は死に至ります。効果は一時的なもので、一日続くものと2週間続くものに分かれます。

抗酒剤を処方される時は医師の説明をしっかり聞いて、正しく服用する必要があります。

もちろん薬剤なので副作用がある方もおられます。

三本柱の一つである「通院」をし医師と話し合いながらの服用となります。

 

この抗酒剤を飲むことで、飲酒をすると苦しむ、と知的に理解し、飲酒行動を抑制することに繋がります。

 

もしも抗酒剤を飲まれる方がおられたら、絶対にアルコールは飲まないようにして下さい。

そして主治医としっかりと話し合うようにして下さい。

 

そして「自助グループ」への参加もとても大切です。

 

自助グループとは、共通の問題や悩みを抱えた人が集まり、自主的に運営しているグループです。

 

ここではアルコール依存性の自助グループとして、AAについて書いていこうと思います。

 

AAとは

アルコホーリクス・アノニマスのことです。

様々な職業、社会層に属している人々が、アルコールを飲まない生き方を手にし、それを続けていくために自由意志で参加している世界的な団体です。

AAのメンバーになるために必要なことは、飲酒をやめたいという願いだけです。

会費はなく、参加者の献金のみで運営されています。

名前を名乗ることも連絡先を登録することも必要ありません。

AAでは本名を名乗る方、ニックネームを名乗る方それぞれおられ、どちらの選択も尊重されます。

 

AAの目的はただ一つ

アルコールを飲まないで生きていくことであり、ほかのアルコール依存症者も飲まない生き方を達成するように手助けすることです。

 

始まりの発端は一人のアルコール依存症者が、もう一人のアルコール依存性者にお互いの飲酒の問題について経験を分かち合い、その時だけは飲酒をせずにいられた、ということが広がっていったものです。

 

そのためAAはアルコール依存性の回復のために「ミーティング」を活用します。

ミーティング会場は世界各国にあり、日本各地でも様々な場所で行われています。

 

依存症は自分一人では克服することが困難な病気です。

当事者の方は自助グループで繋がりを持ち、家族の方は家族会で家族の繋がりを持ち、様々な協力の上、アルコールのない人生を歩んでいきます。

 

ただ話をするだけ

と、最初は効果を感じられない方もおられます。

 

自分は仲間など必要ではない

と、思われる方もおられます。

 

もちろん自助グループには合う合わないはあると思います。

 

選択をするのはその方自身だと思います。

 

ただ実際にアルコール依存性の方で入院治療を受けた後、地域で生活を始めて、その後自助グループに通った方は、通わなかった方よりも断酒率は高いことが示されている研究もあります。

 

また働いている方などは仕事が終わった夕方に飲みたい気持ちが高まることが多いですし、年末年始などの長期休暇で、親戚の集まりがある時なども飲みたい気持ちは高まりやすいです。

 

AAは色々な場所にあり、お昼のミーティング、夜のミーティング、長期休暇も行なっている場所、など自身のライフスタイルに合わせて参加ができます。

 

飲みたい時に飲みたいと自覚して、誰かに気持ちを受け止めてもらうこと、これは断酒をする上で非常に大切です。

 

自助グループに通い続けている方は、自分の体験を振り返り、他の参加者の話を聞き、お酒の害を再認識し、また今日から頑張ろう、という思いを持ち続けられる、という効果を感じておられる事が少なくありません。

 

物理的に参加している時間は飲めないのもメリットですよね。

 

そしてもし再飲酒をしてしまった場所、やはり家族や支援者には言いにくい方もおられます。

AAはそのような体験もしっかりと話せる場所なのです。

 「再飲酒をした」と告白しても責める人は誰もいません。

 

アルコール依存性の治療三本柱、「通院」「抗酒剤」「自助グループ

もしも依存症の治療をされる方はこの三本柱について、支援者から説明を受け、ご自身に合う治療方針を支援者と一緒に立ててみて下さい。

 

以上が近年話題に上がることが多い依存症治療についてです。


心理学ランキング